こんにちは今日もビチョビチョ!ビッチョンコです!

6月後半の梅雨入り真っ只中。沖縄はとっくに海開き宣言。四国も夏本番が目の前に来ている。そんな中、珍しく晴れマークのついた平日に、ビッチョンコカップ第6戦が西予市野村ダムで開幕した。

参加者を募ったところ、過去最多の9人となった。




アミダで前半後半とチーム分けし、それデカイね!ってやつを時間内に釣った人の勝ち。今回の豪華景品はチェストのジムダンディー!!こりゃ勝ちたいでしょ!



セルカ棒デビューしましたww




楽しいww

シマさんによる開会宣言を有り難く聞く面々、そんな中どーでも良さそうに、ケツを向けて写真を撮りまくる、向かって左の西やん。



初心は忘れたくないものだ。

恒例の乾杯の雄叫びが野村ダムに響きわたる。いよいよスタートです!






前半のお相手は、メキシコはレイクエルサルトをホームグランドにしている、10ポンドハンターシマこと、シマさん。今日はどんな釣りを魅せてくれるのか?



まずは1ポンドにも満たない、子供から釣ってみせた。とりあえず暫定1位……

その後、なかなか続かない。小さいバイトはあるが多分どれもコバチーやね。

水位は少し減水気味で、活性はイマイチやな……風も強いしボイルもない。元々、野村はそんな釣れるイメージないけど。日陰やブッシュをメインに打っていくものの、これといったバイトはない。そんな中、シマさんが微妙なサイズの33センチを追加。

懲りずにキャストしてると、俺のロンパスに、腹を見せながらまーまーサイズが引ったくった。
が、乗らない……トレプルフックなのに……40アップはあったな。


あっゴミ貯まりが似合うヤツらがきた。



こちらは只今、外道一匹。



久しぶりのワタルもノーフィッシュ。



そして、大型新人こーちゃんも初参戦。。ジギングからエギ、アジングまでルアー釣りの経験が長いが、バス釣は意外にも初めて。



いや〜デカイの釣れないね……

時間だけが過ぎ前半終了。皆小さいのしか釣れてなくて、シマさんの33センチが暫定1位……

ラーメン食ってしばし仮眠……




後半戦のメンバーは、釣らない事で有名な西やんと、平和への架け橋 ブリッジ正木。



さー後半は頑張ってデカイの釣るよ〜。とりあえず上流が反応あったみたいなので、一気に目指すことに。

ここで走らす事10分……

ん??

あれ?あれれ??

エレキがピクリともせん……フタ開いてみてもどーもないし、あーでもない、こーでもないしながら、とりあえず直結で……



動いた!

でも、バック出来ないうえに前進は1.2.3.4.通り越して行きなりマックスの5速のみww進む度にガッゴンガッゴンいうて、首痛めるわ。そう言えば若い頃、単車の後ろに女の子乗せて、赤信号の度にわざと軽く急ブレーキしてたな。

分かる人だけ分かればいい。

とりあえずバック出来ないから西やん押して




そうそう。グイ〜とね。




押しすぎww


気をとりなおして、どーにか5速のみで釣り再開。ここまで一時間半のロス。勝てないまでも釣り出来るだけいいか……

なんか今日トラブルばっかりやわ。リールのブレーキキャップ池ポチャするし……西やんもなぜだか池ポチャしてるし。

ふと携帯見たら……こんどは徹さんとのりさんのチームがペラ破損で動けないって……動ける範囲で上流でウロウロしてるから、あとで車で迎えに来て〜。マジか、こりゃ大会どころじゃないな。

西やんは現在、安定のギル一匹。
正木は前回50センチ釣っているので、あと半年はボーズだろうな。

とりあえず、スタート地点戻りながら釣りすることにした。相変わらず大したバイトはない。このままシマさんの33センチで決まりか?ありえんわ!っ話してたら、西やんに待望のバイト!

ちぃっちゃ!




髭が仙人みたいだね。


そんなこんなで、18時前にはスタート地点に到着。こっちの片付けは皆に任せて、暗くなる前にノリさん、徹さんを上流まで迎えに行った。


あっ おったおった。

『お〜〜い。』




ん??

なんか撮影してる??

ちょ、ちょ・・・




それ、デカいね……

『よそ見してたらルアーがなくなってた』だって。

徹さん曰く、『ノリさん、釣れてるの気がついてなかったww』



よそ見モードで大会初の50UP。大会としてはグズグズになっちゃったけど、まー
50UPやし、これは優勝はノリさんで決まりやな(笑)

なんだかな〜って感じで、第6回はノリさんが初優勝〜。俺達あれだけ必死こいてたのに、今日のパターンはナイスキャストからのよそ見だってよwwなんだかな〜。



おめでとうございます!



まだまだ、シーズンはこれから!!
 

こんにちは!今日もビチョビチョ!ビッチョンコです!


最後のポイント。朝方にワンバイもらった、道楽の琵琶湖御殿の出前あたり。

残り時間も後30分ちょっと。琵琶湖まで来てるんだから、もう一匹位は釣って帰りたい……

朝方来た時には打たなかった、ポイントを丁寧に打っていく。水深は1メートルない位。居たら出るでしょ?居たらね。




草に少し乗っかる位のイメージでキャスト。

『カサカサ チャポン……』


チャチャ……シーン……



チャチャ……シーン……


出ないよね……


シャリシャリシャリシャリ……



『ボコーーん!!』


???なに?のっとるやん!!


ぜってーバラらさね!コンクエストごり巻き、これ、デカイ!わー引く引く〜。あれ??雷魚かな?


激しくエラ荒いした魚は、俺が今まで見たことないほどのデカさのバスだった。

アップアップ。

なんとかボート手前まで引き寄せたが、ボート下に一気に潜りこんだ!網を探していた左手を急いでロッドにもどし、両手で踏ん張った。

プカっと浮き上がった瞬間、再び網に持ち変え、バスをすくいあげる





失敗……


なんしょ〜ん!!


バスはもう一度潜った。頼むよ〜お前らに幾らかけてると思ってんだよ……バレるなよ……なんとかもう一度浮かせて……




ご無沙汰、東横イン!

『ヨッシャー!入ったぜ!』

興奮しすぎて標準語になってた(笑)





やっちゃったかな?いや、60はないよね。とりあえず50アップは間違いないけど。どーやって写真撮ろ……あー腕震えてる……くそ、リンカみたいにかっこよく撮りたいな……









…………上出来か。


メジャー無いからとりあえずボートに印しといた。あーこの興奮を皆で分かち合いたかったな……余韻に浸りながらボートを宿に向けた。


これだからトップは辞めれない。簡単に釣れないからこそ、一匹に価値があるわ。


寝起きの二人とは、琵琶湖の水位ほど、テンションに差があるが一連の状況を話した。





片付けも終えて、最後に記念撮影。天候に恵まれず今回は気持ちよく釣りが出来なかったけど、旅としては楽しかった。あと、一泊ぐらいしたかったな。眠気で釣りどころじゃなかったし(笑) 琵琶湖も少し理解したかな?次回は沖のウィードが伸びた時に来たいな。




帰ってメジャーで計ったら54センチだった……あれ???もうちょいあると思ったのにな(笑)でも自己新記録は更新。



60アップとか想像以上なんやろな……


『努力は必ず報われる』

高みな……俺もそう思うよ。


こうして男三人の琵琶湖ツアー『琵琶湖DEアミーゴ』は終了した。



おわり
こんにちは!今日もビチョビチョ!ビッチョンコです!

宿に着いて、時刻は14時位。

部屋でダラダラしていると、予報通り雨は振りだした。風呂が沸いたので順番に風呂に浸かった。一度温めた体をわざわざ雨に放り込むほどのモチベーションは、今の僕らにはない。とりあえず運転も釣りも何もないので、飲みまくることにした。酔いと睡魔でおかしなテンションになって、踊りたい気分だ。




鍋作ってグダグダ飲みながら明日の計画をねる。とりあえず一匹釣りたいよね。





いつでも寝れるこの環境……もー無理だ〜!かれこれ36時間起きてる(笑)寝るぞもー寝る!

明日はとりあえず5時に起きて雨の様子を見よう。夕方7時に就寝……8.9…10時間も寝れるし。



幸せ……


……


……






小便に起きたら、ちょうど朝の5時前。雨はまだ降り続いていた。頭もスッキリしている。皆を起こして、どーするか相談。皆もう少し寝たそうだったが、せっかく来たんだし行こうよ!と言うことで、すこし強引に朝5時雨が降りつづく琵琶湖へと繰り出した。



今回は宿の前から出すのでこの辺。



昨日とは、また違う一面を見せる琵琶湖。こっちの方が僕ら好みのポイントが数多くありそうだ。





しかし、状況は厳しい……バイトすらない……雨はやむ気配ないし、どんどん身体も冷えてきた。




少し進むと、道楽の平安楼が見えてきた。スゲーでかい!庭からスロープつながってるし、釣り好きにはたまらん環境やな……羨ましい(笑)




カポニータをシャリシャリシャリ引いてくると、ついばむようなミスバイトがあったがのらない。状況悪いな……一晩中大雨で濁りキツいし、水温も下がってるし……



その後、何もないまま3時間が経過して無言で宿へと戻った。シャワー順番に浴びて朝飯のカップラーメンをすすって、再びビールを飲む。このダラダラした感じも悪くないな(笑)




徐々に雨は弱まってきたが、この状況では予定が経てようがない。釣れる気しないし、まだ朝の9時。どーすかね……。

西やんと徹さんは昼まで寝るみたい。昼には琵琶湖を発つので、後2時間ちょっとある。不完全燃焼の俺は雨が止んだタイミングを見て、一人でまた準備を始めた。



おっと、網忘れるとこやったわ。60釣れるかも?知れんしな(笑)

西やんに見送られて一人船を出した。





一人やから、贅沢に好きなポイント打ちまくるか。



『チャチャ…………シーン』

長めのポーズと…からのスローに巻き巻き。


シャリシャリシャリシャリ……


出ろ…のれ…のれ


シャリシャ


『ボフ!』

うぁ〜でた!


おー!『のらんのか〜〜い!』

のらんのかい……どんだけ釣りたいと思ってんねん……のらんのかい……て言うか一人寂し過ぎるわ……


……これ、テールに針ついて無いせいかもな、二回目やし。後ろから追って食いに来てる感じやから、ちょっとルアー代えるか。



ワイルドダンサーのバブルビート。最近あんまり出番ないけど、音がなるスイッシャーをチョイス。



最後のポイント。朝方にワンバイもらった、道楽の琵琶湖御殿の出前あたり。




つづく。
こんにちは!今日もビチョビチョ!ビッチョンコです!

大阪に入り、京都まで行けば滋賀はすぐそこ。深夜12時を回り、7日から8日へと日付が変わる。




ちょくちょく休憩しながら、予定通り2時過ぎに到着。こちらも、予報通り風が強く、夜でもわかるぐらい雲が一面を覆っていた。琵琶湖はバッシャンバッシャン水が岸にぶつかり海みたいになってた。



まさかの、予定していた8.9日ピンスポット雨。なんなら激しい雷雨、突風と来たもんだ。

そう……雨神様降臨なのである。

とりあえず昼から雨風激しくなるみたいなので、4時に開始しようという事に。って事で、あと二時間位仮眠を取る。車内が蒸し暑いので、気を利かせた俺が窓を少し空かせて寝る事に……


『ブ〜〜ン』

かゆっ!蚊入ってるやん。車内の電気を付けると『わぁ〜!』つけてビックリ10匹以上蚊が侵入……



ものの五分でみんな数ヶ所刺され、ポイント移動。寝れん!コンビニでビール買ってまた仮眠。

俺に至っては運転で気を張っていたせいか、眠いのに寝れん感じで、とうとう一睡もしないで朝4時を迎えた……



皆を起こして早速準備。



琵琶湖……スゲーよ……色んな意味でデカイよ。

釣りたい気持ちで、この朝焼けを楽しむ余裕もなく、沖へと船を出した。風が強くなるのを想定して、風裏の近江大橋付近を狙う事に。この辺。






何せ、距離感が全くわからん。当初は近江大橋から大津大橋辺りまでエレキでいくか?とか思ってたけど、実際に行ったら40キロ位先の遠く彼方。まったく大津大橋は見えなく馬鹿げた計画だった。



琵琶湖といえば、沖のウィードが有名だが、この時期は水面まで伸びてないので、目ではほとんど確認出来ない。。メンターの人は魚探で調べて、沖のウィードをビックベイトとかで狙っていた。

あるかないかわからない物に投げるよりは、いつものように岸の美味しそうなポイントを打っていく事にした。





藻?草?なんせヤバい。すぐ引っかかる。PEに変えて正解だった、ナイロンなんかよっぽど琵琶湖に馴れてないと釣りにならんね。

眠いながら、少しづつ琵琶湖に馴染んでくる。普段見ないポイントだからボートが進む度にワクワクする。



あ。。。。寝てる笑



最近キレの悪いおしっこをチョロチョロしてると、徹さんの、キレッキレのチェストにバイト。

あ〜!のらない……と思いきや


ボコーン!

おかわり〜!これには三人も大盛り上がり。まーまーありそう。ボートまで寄せたが反転した瞬間、痛恨のバラシ……うっすら見えたバスは45センチ位はあった。

て言うか、おかわりてて!愛媛で味わったことあんまりないよね?琵琶湖のバスは出方が元気だわ。

徹さんのバイトをヒントに、プラカポニータを強めのアピールから、長めのポーズ……


ボブ!

でた!これまた激しいバイト。あんまりデカくないから抜いちゃいます。



琵琶湖初バスだわさ!大津プリンスホテルをバックに、てへペロの一枚。


そして『琵琶湖でヤラかしますから!』と息巻いてたかどうかはわからないが、西やんもナイスキャストからの鬼のフッキング!痛恨のバラシ……でヤラかした。



ていゆうか眠いんだよね?(笑)

午後が近づき、風が強くなってきた。お酒も入りグロッキーな僕ら。気を抜いたら琵琶湖へダイブしそうだ。
まだ、一本しか取れてないが、そこそこ楽しめたので、嵐が来る前に上がって宿で仮眠取ることにした。

途中、スーパーで買い物。




電話したら、鍵開いてるから自由にしててくださいと、なんともユルい感じが好き。









時刻は14時…………とりあえず風呂はいって飲みますか?



つづく……
こんにちは!今日もビチョビチョ!ビッチョンコです!


『郷に入れば郷に従え』

俺の頭の中にある、数少ないことわざの一つ。あとは…………寝耳に水とか?



こちらで実績高いアカシのプラカポニータ。

昔はザウルスのホッツィーセラフとか投げ倒してたな〜。まーお金無くてセラフとセール品のしか買えなかっただけやけど。今日はリールもコンクエストに273のPE50をセット。60、いや今じゃ70アップもここでは夢じゃないからね。



一人やから、贅沢に好きなポイント打ちまくるか。



『チャチャ…………シーン』

長めのポーズと…からのスローに巻き巻き。


シャリシャリシャリシャリ……


出ろ…のれ…のれ


シャリシャ


『ボフ!』

うぁ〜でた!



おー!『のらんのか〜〜い!』

のらんのかい……どんだけ釣りたいと思ってんねん……のらんのかい……て言うか一人寂し過ぎるわ……


……これ、テールに針ついて無いせいかもな、二回目やし。後ろから追って食いに来てる感じやから、ちょっとルアー代えるか。



ワイルドダンサーのバブルビート。最近あんまり出番ないけど、音がなるスイッシャーをチョイス。




『努力は必ず報われる』なぜだか先日テレビでやってたAKB総選挙の高みなのフレーズを思い返した。

テレビを観ながら『1位ちゃうやん、報われて無いし、努力足りんのやない?』と突っ込んだのを、一人で思い出し笑いをしていた。きっと琵琶湖まで遠征しにきて、散々な結果の自分たちを当てはめたのかもしれない。




最後のポイント。朝方にワンバイもらった、道楽の琵琶湖御殿の手前あたり。

草に少し引っ掛けるイメージでキャスト

『カサカサ チャポン』

チャチャ……シーン……



チャチャ……シーン……

出ないよね……


シャリシャリシャリシャリ……



ボコーーん!!


???なに?のっとるやん!!


ぜってーバラらさね!コンクエストごり巻き、これ、デカイ!わー引く引く〜。あれ??雷魚かな?

激しくエラ荒いした魚は、俺が今まで見たことないほどのデカさのバスだった。



……

2日前。





仕事終わりの、夜9時集合。サービスエリアで飯くったら既に眠くなってきた。まだ、スタートしてから30分しか経ってないのに先が思いやられる



道中は三人で釣りビデオ観たり、どーする?あーする?言うてワイワイ盛り上がって楽しいドライブになるだろうな?とこの時までは思ってた。ところどっこい!二人は携帯いじってばかりで静かな車内。運転手の俺を誰もいじらん。

あと、5時間か……この無言で無事着くかな

俺『眠いから西やんなんか話して』

西やん『はっ はい……』



…………え?返事?

俺『徹さっ……』

寝てる……



西やん『ゴールドタワーイルミネーションしてましたね……』


西やん…………



どーでもいいよ



つづく……
こんにちは!今日もビチョビチョ!ビッチョンコです!

悪天候、連敗続きの近頃。ようやく雨も落ち着いてきた今日この頃。今週は晴天が続き気温も22℃と、てーシャツ一枚で行けそうな感じ。

鹿野川ダムの許可書も無事に届いたし、まだ見ぬ、中年太りのプリスポーンを探しに、日が昇る前に出発することにした。




正木、西やん、徹さん経由でのりさんと合流。





参戦してから、まだ釣れてない西やん。未だ仮入部だが、船首を陣取り今日こそ入部確定なるか?


とりえず乾杯してから、いざ出航。



本日のお相手は、お洒落短パンもっこり王子こと、エミフル正木。




正木も、二年間と長い間仮入部であるが、今日は『着水音』をテーマに挑むようだ。

そりゃ『ドボーン!!』というルアーの落ち方より、出来るだけナチュラルな『チュポン』という方がいいに決まってる。その事に二年かかってようやく気がついたようだ。



今日は、子バスは無視して産卵控えたブリブリのメスを狙う。産卵場としてメスが好みそうな、浅瀬の岩などが沈むカッチカチの硬そうなポイントをメインに打っていく。

なんでも硬い方が好まれるに決まってる。

序でにブッシュや立木、流込みがあったら尚よし。




『カッ……コン〜』と聞こえてきそうな、# 料亭 鹿野川 #は、只今ノーゲス。

向こうの三人ボートは、早速釣り上げてるようだ。






子バスはすこぶる活性が良い。
早巻きに反応が良いみたいで、ボート手前でも飛び付いて来る。



正木が、名古屋のお水のおねーちゃんみたいなルアーで何度か通したポイントを、スイッシャーでデッドスローでもう一度通す。

『ボブ』

でるやんww



40センチない位の元気なバス。アフター?腹凹んでるし尾っぽが少し傷んでた。奥の奥をしつこく通したら、デカイの釣れるかも?

その後もサイズはイマイチだが、俺は2本追加。正木は相変わらずの好調ぶりで0匹。その後もカッチカチのポイントにしぼってキャストを繰り返すが、あーという間に、12時のチャイムがダムに響きわたる。

朝早かったので飯食って日陰でのんびり。









昼間はすこぶる熱くなり、やっぱりこれが役に立つ。そろそろDAIWAあたりからリリースされるんではないだろうか?もしリリースされたら、諸君、私が誰よりも先に使ってた事を思い出してほしい。



懲りずに奥の奥をしつこく狙う。引っ掻けるの覚悟で同じ所に何回も投げし誘う。





諦めず投げると、やっぱり出る!ボート手前まで引寄せると40アップの丸々太ったバスが大きく跳びはね、ルアーが宙を舞う。痛恨のバラシ……俺、まーまーなサイズ本日二回目……


相変わらずの正木も奥の奥を誘う。が出ない……今日のパターン的に、タモリがさんまをイジるかのように、しつこく同じ所に投げた。


『チュポン……』チャッチャッ……シーン




チャッ

『ボッコーーン!!』


わーぁ!出た!


竿が水中に弧を描き持って行かれる。





重そうに魚が飛び跳はねた。

(゜ロ゜;

水面から龍の如く飛び出しバスは、待ちに待った中年太りのプリスポーンだ!

バレろ!と心の中で叫んだ事に気がついた。



何度も暴れるバスをいなしながら、慎重にボートに寄せ、なんとかランディングに成功!





で、でかくね??



サイズは……



50.5センチ




まさか正木に越されるとは……ビッチョンコの誰もが思っただろう。いや、ブログを読んでるバサーまでもが、そう思っただろう。

その後、もう一匹と粘ばったがあれを越えるサイズは釣れなかった。



今日の正木のヒットルアー




『デニム好きのお洒落な奴おったぞ〜!』と滑舌悪く言ってた。そして、入部通り越して、

ビッチョンコ卒業おめでとう。


そして、西やんは未だ仮入部であった。
 

こんにちは!今日もビチョビチョ!ビッチョンコです!



と言うことで、雨雲が空を覆うなか黒瀬ダムに向かった。高速道路では、風で時々車が煽られヒヤヒヤしながらどーにかこーにか到着。

ダムに着くと。
あれれ?……風弱くない?



おー!ヤバいね。こりゃイケる〜ドキがムネムネやな。さっさと初めましょう!



とりあえず。



さて、今日のお相手は新加入、西崎こと西ヤン。



最近では珍しい、礼儀正しい好青年といったところか。普段は美容師とし日々頑張ってるようだ。

そー言えば、同じ美容師でも正反対のもっこり男もおったな。



水位は120%満水。ブッシュの奥へ奥へと投げるが、久しぶり過ぎて引っ掻けてばかり……

雨は降ったり止んだり。なかなかカッパが脱げない。

デカイの来ないかな〜と珍しく同じポイントを何回も通してみる。

が……なかなか出ない。少しづつキャストも決まりたましたが、良いところに入った時は大体釣れないよね。そー言えば、YouTubeで見たトッププラグでのスキッピングをカッコいい!!と思って真似てみたが、やっぱりバックラするな。コンクエとかじゃないと無理なんかな。ルアーの形状も関係するだろうな。

今日はプロ?って思うぐらい大きいバスボートが目で確認出来るだけで、7艘ほど散らばっている……ゲーリー、スキッピング後をトップで通す……釣れる気がしない(笑)

そのボートの人に話しかけたら一匹だけみたい。今日は厳しいね〜とのこと。



時間が過ぎ、空は晴れ間が見えだしたが、風が急に強く吹き出した。お陰でボートも小便まみれ。

徹さんから昼飯の誘いのTEL。どーやらこちらもノーバイトの様子。





のんびり飯食ってると、予報通り風が更に吹き出して、湖面が白波立ってる……腹一杯で眠いし、こりゃ……終わりにしますか?




という事で、開始3時間で終了。最近まともに1日釣りした記憶がない……でも、今日の夜はビッチョンコの飲み会を計画したので、後ろ髪引かれる事なく、すんなり帰宅することに。


たいしてする事ないから、五時に集まりひょんなことからビアガーデンに行く事に。寒いけど、4月からビアガーデンなんて最高!





五時半から入って九時半まで食べ飲み放題って。しかも今日まで2600円!こりゃ皆呼ぶでしょ!中でも食べれちゃう。







Mr.ノリック久々の登場。煙草の灰が移動する。このネタ6回は見たな(笑)

と思ったら、温めてた新ネタ披露。




鼻からうどん吸ってた。

からの、恒例になりつつあるボーリングへ。




からの、万寿へ。鉄板のタールメンに、正木オススメの中華丼を食らって本日はお開き。



これでも名一杯、目を開けている中川。


今日は沢山メンバー揃って楽しかったな。全然知らんやつだったのに、釣りという共通点だけで、こんなに仲間が増えるなんてな〜。てことは釣りやめたら遊ばなくなるんだろうな。

こんにちは!今日もビチョビチョ!ビッチョンコです!

プリスポーーーン!

産卵をひかえた、ビックママが浅瀬に卵を産みにくるこの時期、一年でもっともデカイバスが釣れる確率が高い!らしい。僕らの活性も上がらないわけがない。






嫌いじゃない!


本当か嘘か試しにいこう!と言うことで、行きつけの鹿野川ダムに予定を立てる。

最近どーかな……?とググッてみる。

四月に入り連チャンの雨続きで満水の様子。レンタルボート屋さんの釣果は……デカイの釣れてるね!50アップ!



お借りしました。ていうか、レンタルボート屋さんなんかあったんやね。



他の日はと………



????



ん……?

入船許可書??

のキーワードが。


なんじゃそれ???


色々調べてみると、どーやら『鹿野川湖 湖面利用ルール』と言うのが出来て、知らない間に、今年の4月から船で釣りする場合許可書がいるようである……



いつもは民宿にお金を払い、車停めさせてもらって気軽に釣りをしていたが、これからは、そーわ行かん崎のようだ。

色々調べてると、どーやら路駐をして釣りをする人がいるようで、それが問題になったとか、なってないとか。

釣りしない人や住民さんにとっては迷惑な事だし、もしかしたら、狭い道路をすれ違うだけでも迷惑かもしれない。知らず知らずって事があるので、僕らも気をつけないかんな。

僕は車置いてる民宿近くの商店街で、お金を使おうと少しだけ意識してます。少しね。夏のアイスとか最高です。商品は大体ホコリ被ってるけど、味には問題ないし(笑)と思ったら前、ポテチが賞味期限切れてたけどね(笑)死にはせんです。



と言うことで、早速ホームページからダウンロードしファックスで申込しました。





許可が降りるまで一週間前後……三日後に行く予定だったので今回は悔しいが鹿野川ダム断念…………チ…チ……








しゃーない、雨続きの天気も回復しそうやし、黒瀬でも行きますか?


前日には、新しい車にキャリアつけて、リールのメンテもばっちり!バッテリーもおニュー!







さらに!スーローテーパーのロッドを新人の西ヤンに譲って、ロッドをチェストのマイスターに揃えました。




5.8フィートのコンポジット。操船しながらのキャストが多いので、程よい反発でバックハンドが凄い楽。そして6フィートに負けない飛距離。竿の反発でキャスト出来るので1日振っても大分疲れなくなりました。


気合い入れすぎなぐらい、気合い入れてみた。こりゃ明日が楽しみ!釣れる気ムンムン!


集合は7時。カーテンを開けると気持ちのよい日差しが・・・









…………





雨神様降臨。風やばくね?



とっとりあえず行こうか。

ボート置き場には新人の西ヤンとのりさんが来ていたので、風やばくね?風やばくね?と言いながら三人でボートを念入りに固定する。だれも、中止しようとは言わない。車高が低いので凄い楽になった。



西ヤンのワーゲン洒落乙!




4速マニュアル!黒瀬までたどり着けるか??(笑)


途中、徹さん拾って2台でいざ黒瀬ダムへ。





……雲が怖い




つづく



こんにちは!今日もビチョビチョ!ビッチョンコです!

いやー!花粉が半端ないですね(涙)この時期、マスク、目薬、アイボン、花粉用メガネは欠かせませんね。目薬なんて、見当たらない度に購入してるから、いつのかわからん目薬が家に5つもあります。



CM来そうなぐらい、決まってる。

大地がマスク付けだしたし、そろそろ釣りにいく?って事でどこにしまったか忘れたタックル引っ張りだして、軽く肩慣らしに行くことに。

そーいえば、ビッチョンコの送迎バスとも言って過言でもない、プラド78を売ってしまった為、正木に迎えに来てもらった。



今日は運転が無いため、助手席で朝8時からビールとパニーニを頬張る。



徹さん、カジも合流して向かうは水の都西条市。

今日の予報は昼から雨……流石に3月の雨は冷たいので、雨降る前に終わりにしよう、言うことで一艘でのんびりする事にした。



セブンイレブンの、このイチゴサンドが最近お気に入り。マジ旨いから皆さん食べてみて。




と、角ハイの組合せ。






久しぶりのキャストに戸惑いながらも、岸との距離を調整していく。



やっぱりトップは楽しいな。雰囲気がいいよね。贅沢な時間を使ってるというか、なんていうか。


満水のブッシュに放り込んで、今か?今か?いや、今か?とバイトを待ちわびるが……


まーいつも通りノーバイト。そんなに甘くはないね。皆でダベりながらグル〜と一周して本日早くも終了。釣行時間わずか一時間半(笑)



まだ、昼前だけどランチ行きますか〜。ということで、西条のソウルフードを喰らいに。

ひたすら前向きにカツ丼を押し出す店、カツ丼チェーン『ごかく』に行きました。

カウンターだけの小さな店、僕らが待ってる間も次々とお客さんが来て、気がついたら列になってましたわ。





店内こんな感じ。








うーーん。旨いね。ボリューム満点でカツ丼(基本型)600円!

これは、教えたくなる店だね。

腹一杯になって眠〜なったのでこれにて解散。


まだ水温低めですね。ベイトもバスも見当たりませんでした。春はまだ少し先のようです。次回は期待できそうです。

 

こんにちは!今日もビチョビチョ!ビッチョンコさかい!

どうもお久しブリーフ。今年は寒暖の差がありますが、まだまだ寒いですね。2月はバスなんて釣れないので、海でタチウオジギングと思ってたのに、時化続きやし、今年はタチウオもあまり釣れてない状況。今治沖にクジラとイルカの大群が来たとニュースになってましたが、その影響もなんだかありそうだな。

愛媛はこんな状況で釣りならんので、朝5時のバスに乗って今年はこちらに行きました。



あえて普通に撮影。



そうです、年に一度の釣りの総選挙、『大阪フィッシングショー2015』です。各メーカーや著名人が一同に集う、まさに夢の舞台です。



うぉ〜テンションがヤバい。USJよりよっぽどテンションあがるわ。

興奮しながら入ったら、行きなりお目当てのブースが!





今年一の微笑み。





知らん人からしたら、皆さん只のおじさんですが、僕らにとってはテレビや雑誌で見かける、湯、湯、湯〜の有〜名人。


バスポンド、ツナミ、アカシ、レスモア、ストック、フロッグ、ブライトリバーなどなどブースがありました。毎年お馴染みな感じみたいやけど、もっと沢山出てくれたらトップも盛り上がるのにな〜。


つづきまして、なんか小さいおっさんちょこっと座ってるな〜と思ったら、なんと!



内藤裕文こと、レジェンドのヒロ内藤氏。ヘドンと言えばこの方すよね。







ビンビンソルトでお馴染み、ジャッカルのナカジーとか。



シーバス研究所の面々。藤沢所長代理。クルクルで良くシーバス釣ったな。



黒すぎてわかりづらい、田辺のりお氏。




そして、リンリンリンカのリンカちゃん。

ボブ違い!念願のツーショットに失敗!





メガバスの社長さん。マジシャンみたいやった。





THE HITの方々。



そして、『ゴンザレスですわ〜』の菊元氏






ジギング界のカリスマの方々。



こちらパネル界のカリスマ。







なっなんだ、この人だかりは……



皆好きやな〜。胸元にピント合わせてズームにしてる人おったわ(笑)100%おかずにするやろな。




なんやかんや。俺も思い出に……思い出に……






お!!児レイ!一番美人やったな。



そして、日本のプロ釣り師と言えば……



凄い人が集まってます。そう皆さんお分かりですよね?




村田基氏。



世界を釣ってますわ。


相変わらず黒いな〜、俺なんかまだまだやな。

いやー楽しかった。商品よりネタ探しに夢中だった(笑)ミーハーな感じで、三時間ぐらいうろうろして、お勉強も兼ねて夕方から梅田、福島の方に飲みにいきました。




5件ぐらいはしごしたけど、大して勉強になるお店はなかったかな(笑)




エライ並んでるラーメン屋さんがあったので、せっかくなんで僕らも〆る事に。



ん……美味しいけど並ぶ程では……ないかな。



たらふく食べて飲んで、行きつけのホテルで朝6時まで爆睡。

薄暗い時間に松山へ出発。



昼に着いて、そのまま仕事……まーまー元気やね僕らも。

早く釣り行きたい。