こんにちは!今日もビチョ!ビチョ!ビッチョンコです!


さ〜待ちに待った、ビッチョンコカップ第4戦。今回も月9に負けないぐらいのドラマが繰り広げられるのでしょうか!?月9と言えばキムタク、キムタクと言えばSMAP、SMAPと言えば俺!という事で勝機あり!今回も優勝狙っております。






月ヤバス!!


集合は早朝?イヤ夜中の3時!気合い入りすぎ(笑)

一時間だけ仮眠とり2時には家を出る。荷物を積むため街を通ると、まだ活気ずいてます……




信号待ちしてたら、キレイなお姉ちゃんに『今なら一時間2000円、代交割引あります〜』と声をかけられるが……


『ごめん、先を急ぐので。』


『パパ〜ン♪』


赤瀬、のりさん経由でボート置き場に向かう。3時は過ぎたが皆何とか集合して、荷物を積んで出発。




一番長く寝た人で二時間。一睡もしてないメンバーもチラホラ。今は眠さよりワクワクが勝っているが、帰りは大変な事になってる気がする。

向かうは、前回視察した鹿野川ダム。日曜日の為、釣りボートが多いだろうと言うことで、ボートの少ない下流域を目指す。



相変わらずなバランス。


手前のコンビニでルービーちゃんをたんまり買い出し。のりさんはウメッシュと茎ワカメまで買ってやる気満々(笑)






現場の水位は、相変わらず減水状態。



皆で、手分けして沢山の荷物を何往復もして運ぶ。今日はキャンプ道具もあるため、運動不足、睡眠不足の僕らにはかなりこたえる訳で……

とりあえず汗だく……

船分けをするため、手を石とハサミと紙に例えて、せーので出して勝ち負けを決めてみる。要はじゃんけんで船分けして、各自戦闘体制に入る。





準備が整った頃には、薄暗い辺りが明るくなり始めた。


時刻は朝5時。





シマさんの開会宣言とともに、いよいよビッチョンコカップ第4戦スタートです。

トップウォーターオンリーで、一番デカイの釣った人が勝ち。終了するまで、誰にでもチャンスがあるのである。

僕の前半中のお相手はこの方。



ステキな笑顔だが、ダム釣りには、全く女神が微笑まないのりさん。三回程、鹿野川に来ているが未だに釣れたことがないみたい……

果たして大会で奇跡を起こすのか?



相変わらず、ダムは青粉が酷い……青粉が出ると酸素不足で、バスの活性が下がる。出来るだけ水質の良い場所を探して船を進めてみる。小さいバイトはあるんだが、なかなか釣れないな。

そんな中、ラインに他の船の釣果がそうに上がってくる。





デカイのはまだ釣れてなさそうだがやはり焦る。


憎たらし〜顔の彼。最年少の中川。日曜日しか休みが無いため、今回大会初参戦。メンバー唯一、カーボンロッドを仕様していて、野池でバコバコデカイのを釣っているのをラインでアップしてくる




言わば浅田真央が居ない全日本フィギュア大会みたいなもの。俺達と勝負しろ!つーことで、今回参戦に至った。メンバー皆んな、こいつにだけは負けたくないという気持ちで一杯である。



こんなアイコラされて、ラインでいじられている彼。


僕ら二人も焦る気持ちを抑え、大きな流れ込みに向かうが、先行者が……



しかも、ワーム投げてる……僕らの魚は既に釣られちゃてるね。その船が『すいませ〜ん』と呼ぶので、なんやろ??と近づくと……

『写真撮ってください〜』


『チッ……自慢しやがって』



ちょ……ッ……デガイ!!!





自己最高の58?だそう……。裏山〜。そりゃ写真撮ってほしいわ!俺だったら動画までお願いしちゃうちゅーねん。

クソ〜と僕らのやる気も一気に上がる。

しかし……釣れない……釣れてもこんな小さいの……




そして気温もどんどん上がり初め、眠さと暑さで集中力がなくなり始める……



途中シマさん、カジ、赤瀬のボートに会うがこちらも釣れてなさそう。



時刻はあっという間に10時位になり、眠気も襲ってきたので、橋の下で昼飯タイムにすることに。





とりあえず皆揃っての乾杯!




今日の昼飯は、ステーキと塩麹チキンに夏野菜のカレーライス。顔に似合わずおしゃれなチョイス。今日は湊町の川越ことシマさんがいるので、仕込みがめちゃくちゃ早い!野菜をこっぱみじんに乱切る。






この鍋、急遽かやまち商店街に買いに行ったのだが、5800円と値札が……高け……店のおっちゃんに勉強して〜。とお願いしたら3000円になった(笑)どんな計算やねん。




大体こんな顔してる。






優しく野菜をカレーに入れる赤瀬。手つきがイヤらしい。










眠いけど、気の会う仲間と過ごす時間は楽しいーな。

先日、誕生日だったので皆からもバスカヴィルらっちゃった!今日は使ったらいかんらしい。





やっぱり外で食べるのは格別に旨いね!






いやー食ったった!


食ったら勿論、眠気が……(-.-)Zzz



食べる前……





食べた後……




10分後……






15分後……









1時間位は寝たかな?赤瀬はアホみたいな顔で寝てたな。でも暑くて直ぐに目が覚める……


3時位までダラダラして、後半戦の準備。





後半戦のお相手は、日焼け嫌い、時計好きのカジ。



暑そうで見てられないが、彼は日焼けするよりマシなようだ。女子高生並のポテンシャル。

前半と同じように、水質の良いところを狙っていく。相変わらず子バスばかり。もーさっぱりわからん……。集中してるんだが、なかなかデカバスは反応してくれない。




前半は奇跡的に生還した“LHB”をメインに、ポッパーなどをメインにしてたが、後半は1オンスクラスのデカいルアーをチョイス。



一発大物狙いで勝負にでる。が……出ない。




カジ時計の針も残り一時間を差す。




日も沈み始め、最後のポイントとなりそう。相変わらず小バスは釣れる。カジは小バスすら釣れてなかったが、ようやく超小バスをゲット。




写真撮る時だけ、しらっとフードと膝タオル取りやがった。

そして、ふとラインを見ると他の船も釣果が。





やっぱり小さいな(笑)

あれ?




反る〜!デカめの釣っとるやん!!誰やねん!




出た〜。初代チャンピオン!!この満面の笑み!ダーター使わせたら右に出る人いないな。大会用で仕込んだルアーで確り結果出してきた。



残り時間も後少し、皆慌ててキャストするが、結局、この魚が勝負を決めたバスとなり、大会終了の時刻……あ……3連覇成らず……





ヘトヘトだが暗くなる前にお片付け。なんと!置いといたバッテリーを運ぶ台車が盗まれ……





20キロはある重いバッテリーを手分けして何とか運ぶ。途中コンビニで無言でアイスを食べて、事故もなく松山に帰り、ジョナサンで閉会式。




優勝商品はバスカヴィルのココジャンボ。ヘトヘトの為、風呂上がりの素っぴんのおばちゃんみたいな顔してるが、第一回、第四回と優勝を勝ちとったのは本物の証っす。しかし、本当に疲れた(笑)皆無言で飯を食べる。カジはうどん食いながら寝てたもんな(笑)




というわけでビッチョンコカップ第四戦はシマさんの41?で幕を閉じました。


次回は9月頃を予定してます。涼しくなるし秋の荒食いと呼ばれる時期です。

今やこんな釣りガールもいます ↓

リンカもビッチョンコ。

釣り男子にモテモテ間違いなし。そこのちゃん姉〜、一緒にどう?


コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL