こんにちは!今日もビチョビチョ!
ビッチョンコです!

…………


ひどい雨だね。



……メンバーには雨神様なんて言われてるが、今日こそ認めざるおえない。そーいえば、初めて愛媛に来た時も、高速が通行止めになるぐらいの雨だった事を思い出す。



出発は仕事終わりの22時。愛媛は大雨警戒注意報が出てるが、僕らはここをエスケープ。目指すは僕らの甲子園。滋賀県、琵琶湖。男5人の本気旅の始まりだ。

運転手、助手席以外は睡眠を取り、順に一人一時間運転すればそこはもう琵琶湖。しかし、そこは釣り人の性、興奮して寝れる訳もなく、ワーキャー騒いで気がつけば皆寝れてない状況。眠気の限界が近づいた早朝に琵琶湖に到着した。雲が空を覆うが雨は降ってない。

時刻は朝の五時。



早朝から?俺的には夜中の延長だ。漸く飲めたビールは上旨い。

「ブッ」車に乗り込む前にワンバイト。今日の俺の腸はすこぶる活性が高い。


今回は去年お世話になった、宿から駐車場だけ借りてエントリー。





湖なのに波の音が聞こえ、対岸は遥か向こうで何も見えない。興奮で皆の眠気がぶっ飛んだ。ジャンケンポンで適当に席決めて、互いの検討を祈り杯を交わす。



一匹だけでもいい。



50UPを何匹釣ろうが、俺は60UP一匹を選ぶ……いや…………正直40UP位でも嬉し(笑)とりあえず記憶に残るデカいの一匹釣りたい。
ラインを忙しくガイドに遠し、今日の為に備えたルアーは慎重に結ぶ。

沖のウィードはまだ生えてないようで、前回の釣果を元にポイントを探る。去年より水位は低いようだ。

こんな時でも彼は朝の歯ブラシルーティーンを絶対崩さない。



開始そうそう、黒い背ビレを見せながらAKSがブリッとしたバイトを頂く。が乗らない。
これはデカかった。50はあったな残念。

俄然やる気になったが、気持ちとは裏腹に後が続かない……集中力もキレだした頃、彼はキャスト中に眠りについた。



小さいバイトはあるが、どれも小さくなかなか乗らない。漸く乗った魚がこれだ……



とりあえず将来の60に敬意を払いネットですくう。この後小さいバイトはあるものの、到底俺のオナラの数、サイズ共に及ばない。昼過ぎ眠気の限界が来て、陸に上がりランチと昼寝をする。



一時間は爆睡したかな。波の音と微風が心地よかった。

「ブッ」


寝起きからのナイスワンバイ!

つづく

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL