絆。


こんにちは。今日もビチョビチョ。ビッチョンコです!

少し前の出来事。



最近、ビッチョンコTシャツが見当たらない。前回に釣りに行く時も見当たらなかった。明日行くので朝からまたガサゴソと探す。

俺『ビッチョンコTシャツしらん??』

嫁『知らんよ。見てない。自分の分ぐらい自分で管理してよ。』

そりゃそうだ。でも、俺は畳んだ覚えがない。知ってるはずでしょ?

朝から少しだけ険悪なムード。出勤には30分早かったが、逃げるように階段を一段飛ばして降りた。

我が家は同居生活。二階に我が家。一階は嫁の父が住んでいる。
風呂も洗濯も玄関も全てが同じ。

一階に降りて、玄関隣の部屋からパソコンの音が、朝からカチカチと聞こえる。

『行ってきまーす。』

義父『ちょっと……』

はい?戸の向こうから声が聞こえた。朝からなんだろ……戸を開け覗きこんだ。
義父はパソコンを打ちながら、俺を見ることなく言い放った。

義父『水道料金の督促状が来てたぞ……』

あっ!!……

しまった……。忘れてた……2ヶ月に一回やし忙しくてすっかり忘れたわ……

義父『おい……水道料金も払えんのか?私まで払ってないみたいに思われるやろ……』

パソコンに向いたままこちらを見ない。冷静な感じに聞こえたが、流石に怒ってるのぐらいは、何年もひとつ屋根の下に住んでいればわかる……

いや……そーいうわけじゃなくて……たまたま?そんな事もたまにあることない?うわ……今日は朝からついてねーな……

義父『私は昔な……』

あ……この歳で怒られるのは切ない。流石に言い訳も出来ないし、通用しない。俺は下を向いたまま、話が終わるのを『はい……』で乗り切る事にし……

義父『聞いてるか!?』

『はい!!!』

俺のダルそうな態度に、義父はがまんならず、俺の方にようやく向きを変え感情を込めた。


え?


義父を見て、俺は自分の目を疑った…………


義父……







ビッチョンコTシャツ着てる……

義父を近くに感じた日だった。

 
関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL